Ferenc Bela Vaci/フェレンツ ベラバーツィ バイオリン をお売り頂きました。|Eclatante(エクラタンテ)

出張買取・宅配買取リサイクルショップ『Eclatante(エクラタンテ)』

メールでもお電話でも相談大歓迎

0120-123-538

電話受付は9:00~20:00

Ferenc Bela Vaci/フェレンツ ベラバーツィ バイオリン をお売り頂きました。

買取実績

2019/06/10 Ferenc Bela Vaci/フェレンツ ベラバーツィ バイオリン をお売り頂きました。

東京都練馬区にてFerenc Bela Vaci/フェレンツ ベラ バーツィ「CDM-R」を出張買取致しました。

 

 

最近、お天気が優れずなんだか気分がどんよりしてしまいますね。

関東地方の梅雨入りもあと少しだそうですね。

今週も残すところあと少し!

どんより気分に負けずに頑張りましょう!

 

今回お売り頂いたこちらのバイオリンはFerenc Bela VaciのCDM-Rです。

フェレンツ ベラ バーツィはハンガリーのブタペストにある工房で作られているそうです。

独特の渋みのある色合いははちみつを使用したニスが使用されているそうです。

 

テレビ番組でオーケストラをみるとやはりバイオリンに目がいってしまいますよね。

私はバイオリンは弾いたことが無いので憧れがあります。

学生の頃は吹奏楽部でしたが、やはりバイオリンとなると弾いている子はいませんでした。

 

海外旅行に行ったことが無いので、気分だけでも旅行に行きたいと思います!

ヨーロッパにあるハンガリーは日本の東京との時差が約7時間もあり、距離はなんと約9,000kmも離れているそうです。

飛行機で行くとなるととても道のりは長いですね。

飛行機の乗り継ぎが何回かあるそうです。

迷子になってしまいそうですね。

日本国内でも迷子になってしまうのに、海外だと言語が違うので余計に迷子になりかねませんね。

ハンガリーの公用語はハンガリー語またはマジャル語だそうです。

ちなみにありがとうは「Köszönöm」だそうです。

発音の仕方がわかりません。

 

ハンガリーの伝統工芸の1つ、カロチャ刺繍というとても色鮮やかな刺繍も有名だそうです。

元々は庶民の間で親から子へと受け継がれていったものが世に広まっていった刺繍だそうです。

刺繍の色や柄には感情等のいろいろな意味が込められているそうです。

日本の刺繍も色鮮やかなモノや渋みのある刺繍等の繊細な刺繍もありますが、カロチャ刺繍は日本の刺繍と繊細な部分は同じですが、とてもハツラツとした元気がもらえるけれども、とても優しい印象を受けました。

 

 

Ferenc Bela Vaci/フェレンツ ベラ バーツィ バイオリンやギターの出張買取はEclatante「エクラタンテ」までお気軽にお気軽にお問合せください。