物置は売れる?物置を売却する際に失敗しないポイント

物置を設置されている方は、引越しや庭のレイアウト変更の際に、物置をどう処分するかお悩みはございませんでしょうか?
物置を処分する際に高額な料金をお支払いし、撤去したことがあるといったお話を耳にすることがございます。

物置の撤去等をお考えの際に是非ご覧くださいませ。

1-1
目次

    物置は大きさもあり、解体作業も必要となってくる為、お金を支払わなければ引き取ってもらえないと考えているかたは多いのではないでしょうか?
    物置は、新品でも中古でも物置は売却が可能です。

    なかには解体費用、廃棄代といった形で高額な料金を請求してくる業者も数多くございます。

    物置の撤去を検討中の方はどういったところを注意すれば良いか確認していきましょう。

    物置を売却する際に注意するポイント

    内容を必ず確認

    物置を買取業者に依頼し電話で大体の買取価格を聞いたが、当日実際に見てもらった際に、逆に高額な料金を請求されてしまった…。
    といったお声を耳にすることがございます。

    物置を事前に電話や問い合わせフォーム等で買取業者に見積もりを依頼する際はなるべく、物置の詳細を詳しくお伝えすることをおすすめ致します。

    詳細を伝えていたにも関わらず、当日になって料金を請求してくる業者はその場で断るようにしましょう。

    出張費用・解体費用が無料な場所を選ぶ

    物置を買取はしてくれるが、出張費用・解体費用で結局お金を支払うことになりマイナスになってしまったなどといったことがないように、買取の際に諸費用などが発生するかどうかを必ず確認をするようにしましょう。

    出張費用・解体費用が無料の業者はございますのでそういった業者に依頼するようにしましょう。

    物置の買取相場はどのくらい?

    物置の買取をお願いする前に相場を知っておきましょう。

    メーカーによって買取価格は変わる

    物置の中でも需要が高いメーカーは、イナバ物置、タクボ物置、ヨド物置、サンキン物置になります。

    こちらのメーカー製の物置の場合、必ず本体にメーカーの記載がございます。
    物置に記載等が無い場合は、無メーカーの可能性が高くなります。
    無メーカーの場合は、業者によっては回収不可や無料での回収となるケースがございます。

    サイズは買取価格に大きく影響する

    小さい物置よりも、大きい物置になりますと買取価格は高くなります。

    特に窓が付いている物置やシャッタータイプの物置は通常の物置よりも、買取価格が高くなります。

    小さい物置の買取価格が数千円の場合、大きい物置は数万円や数十万円で買取していただけることもございます。

    物置を高く売るポイントは?

    物置をできるだけ高く売るためにはどうしたらよいでしょうか?

    高く売るためのポイントを解説いたします。

    普段から手入れをする

    物置自体は錆にくい物となっておりますが、数年から数十年経ってしまった物置はネジ部分が錆びてしまい固まってしまう場合や、設置場所によっては壁が錆びてしまいボロボロになってしまうことがございます。

    特に屋外に置かれることが多いため、定期的に拭き掃除をするようにしましょう。

    付属品は残しておく

    物置を新品で購入の際は必ず以下の物が付属致します。

    ・鍵
    ・取扱説明書
    ・組み立て説明書


    鍵が無い場合でも売却自体は可能ですが、鍵が無い場合ですと、鍵を新たに作成する必要があり、その分業者にコストが掛かってしまう為買取価格が低くなってしまう可能性がございます。

    物置の鍵はホームセンター等で2,000円〜3,000円程で作成が出来ます。
    鍵1本で買取価格が下がらないよう大切に保管しておくようにしましょう。

    買取が出来ない物置は?

    では、逆に買取が出来ない物置はどういった物置になるのでしょうか?

    参考になりますと幸いでございます。

    通常使用が出来ない物置

    物置として通常通り使用出来ない物置は買取が難しくなります。

    特に錆や、ドアの開閉、壁に穴が空いていないかなど問題がないか業者に査定を依頼される前に確認するようにしましょう。

    解体してしまっている物置

    解体してしまっている物置は部品の確認が出来ないため、業者によっては買取を断られる場合がございます。
    解体はせず、そのままの状態で査定をしていただくようにしましょう。

    まとめ

    物置は解体作業や大きさもある為、買取をしている業者は少ない傾向がございます。

    設置場所(屋上やベランダなど)にもよって買取の可否がわかれる業者もある為、物置を買取している複数の業者に問い合わせをしてみましょう。

    物置をなるべく高値で買取に出したい場合はよい状態に保っておきましょう。

    また、総合買取店の場合、物置に保管していた物もまとめて買取をしてもらえる業者もある為、中身も同時に売却したいと考えている場合は、物置を買取している総合買取店に依頼することをオススメ致します。

    当店の物置買取に関しましてはこちらのページで詳しく記載しておりますのであわせてご覧ください。

    お電話でのお問い合わせは0120-123-538(年末年始を除く9:00〜20:00)

    Line査定Web査定は24時間受け付けております!

    その他買取にあたりご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

    キーワード検索

    最新の記事

    【防音室を売りたい人必見】買取相場や中古でも高く売れるメーカーについて解説

    中古の防音室はゴミ回収してもらえない 部屋のなかに設置する独立タイプの防音室は、…

    業務用トレーニングマシンや筋トレ器具を売りたい方必見!高価買取が期待できるメーカーや種類は?

    業務用やジム用でもトレーニングマシン・筋トレ器具は買取してもらえる? スポーツ施…

    トラブルに合わないために|出張買取で気を付けること

    出張買取は、自宅に買取業者が来てくれてその場で売りたい品物を査定し、買い取るだけ…

    物置の撤去・処分にかかる費用はいくら?解体方法は自力or業者?

    放置している物置を撤去したほうがいい理由 物置は住宅に比べて小さいとはいえ、撤去…

    エレキギターの買取相場や高く売れるかもしれないメーカーとは?

    高く売れるかもしれないエレキギターのメーカーとは? 一口にエレキギターといっても…

    タグ一覧