不用品はどこで売却がおすすめ?それぞれのメリット・デメリット|Eclatante(エクラタンテ)

出張買取・宅配買取リサイクルショップ『Eclatante(エクラタンテ)』

メールでもお電話でも相談大歓迎

0120-123-538

電話受付は9:00~20:00

不用品はどこで売却がおすすめ?それぞれのメリット・デメリット

不用品の売却先

最近はインターネットで手軽に売買が行える時代ですね。

その中でも使わなくなってしまった物を売る事ができるネットストアやネットショップ等があります。

今回不用品を売却する際に特に利用の多い「ヤフーオークション」「メルカリ」「リサイクルショップ」のメリット、デメリットに焦点を当てて比較していきたいと思います。

ヤフオク・メルカリ・リサイクルショップの違いは?

まず初めに、メリット、デメリットを見ていく前に、それぞれの違いについて見ていきましょう。

販売

ヤフオクとは?

メルカリとは異なりオークション形式となっているため、出品終了時刻が決まっているのが特徴的です。

オークション形式なので比較的安価な値段から開始する場合もあります。

そこから自分の購入できる範囲で入札していきます。

たまに「即決価格」と表示されている場合があるかと思います。

即決価格と表示されている場合に限り即決価格以上で入札すると、その時点で落札(購入)する事が可能になります。

即決価格が表示されている場合でも、即決価格以下で購入したい場合はオークション形式で入札していき、即決価格以下で終了した場合はその時点での最高落札者が購入する事が出来るという流れになります。

即決価格でも欲しい!という方は即決価格以上の値段を入札する事で購入することが出来ます。

メルカリとは?

フリマアプリと呼ばれ、フリーマーケット形式で取引が行われます。

出品者が値段をつけて売り、購入者が出品者に値下げ交渉等を行ったり、価格が自分の思っている価格と同程度であった時に購入申請を行い、お互いの利害関係が一致した時に交渉成立、売買成立となります。

古着や家電製品等の取引が行われております。

ヤフオクやリサイクルショップでは取り扱いされにくいハンドメイド品等の売買が多いのも特徴的です。

ネットショップの中でも利用者数が多いので、それ売れるの!?と思うような品物も取り扱っているのもメルカリならではです。

リサイクルショップとは?

リサイクルショップは、お店に売りたい物を持っていき現金と交換、という流れが一般的ではないでしょうか。

買取店舗がある場合はその流れの場合が多いですね。

その他にも事前に電話やLINE、メール等で品物の詳細を伝えてから業者に査定してもらい、値段を聞いて交渉していくというやり方もありますね。

他にもリサイクル業者がご自宅や指定先に伺い、その場で査定してもらいリサイクル店に買い取ってもらうという方法もありますね。



さて、それぞの違いを説明をさせて頂きましたが、次からはヤフオク・メルカリ・リサイクルショップで売却する際のメリット、デメリットについて見ていきたいと思います。

まずはメリットから見ていきましょう。

ヤフオク・メルカリ・リサイクルショップで売却するメリット

メリット

ヤフオクで売却するメリット

・スマホでもパソコンでも手軽に出品が可能

ヤフオクはインターネット上のストアになっておりますが、パソコンのみならずスマートフォンでも操作が可能になっております。

ちなみにですがメルカリも最初はアプリのみでしたが、最近ではパソコンにも対応できるようになり、より便利になりましたね。


・ヤフーオークションでは時間の延長制度がある

オークションとなるともちろん時間の制限があるものがあります。

ヤフオクではオークション形式をとっておりますが「自動延長」という機能があります。

オークション終了5分前から終了時間までに入札すると5分間延長されるシステムです。

その後も新しい終了時間の5分前から終了時間の前までに価格が上がると、さらに5分間時間が延長されるシステムです。

その為、終了時刻間際に値段が爆発的に上がることもあり高く売れる場合がございます。


・手数料がメルカリよりも安い

メルカリの手数料は商品の10%、ヤフオクもプレミアム会員でないと販売手数料が10%かかってしまいますが、プレミアム会員登録をすると8.8%とお得になります。

プレミアム会員の利用料は掛かってしまいますが、頻繁に出品される方はヤフオクの方がお得に利用する事ができますね。


・運営が間に入っているので、金銭トラブルが少ない

ヤフオクではヤフー簡単決済と呼ばれる「代金支払い管理サービス」というサービスがあります。

落札者が支払ったお金を一時的にヤフオク側が保管しておき、出品者が商品を発送し、落札者の手元に商品が到着後に受取通知を送ってから、出品者に入金されるので安心です。

商品が手違いで送られてこなかった等の万が一のトラブルがあった場合でも出品者にはお金が振り込まれていないので安心ですね。

メルカリで売却するメリット

・自分の売りたい値段を提示する事ができる(出品者)

リサイクルショップとは違い、売るときまで値段が分からない!という事はなく、自分で値段をつけることが出来ます。

その為ヤフオクやリサイクルショップへの持ち込みのように、いくらになるか分からないという事や、値段が付かなかったらどうしようといった不安感やドキドキ感は少なく済みます。

その為すぐに売り上げの計算ができるのはメルカリの良い点ですね。

不用品を手元から無くしたい、という考えの方よりも利益を得たい、という方にはすぐに計算をすることが出来るので便利ですね。


・メルカリ独自の発送方法がある(出品者)

らくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便というメルカリ独自の発送方法があるのをご存知でしょうか。

らくらくメルカリ便は規定のコンビニエンスストア(ファミリーマート、サークルKサンクス)やヤマト営業所等でお取り扱いをしているそうです。

ゆうゆうメルカリ便はゆうプリ設置のローソン、ゆうプリ設置郵便局でお取り扱いをしているそうです。

しかしゆうプリ設置郵便局はまだ数が少ないみたいですので、ゆうプリ設置営業所であるかどうかを確認してから郵便局に行くことをおススメします。


・自分の売りたい値段で出品する事が出来る(出品者)

出品額を自分で決められるので、売りたい金額で出品することが可能です。

ただし、値段が高すぎると購入者がいない、という事にもなってしまいます。

高すぎる値段をつけてしまうとずっと売れ残ってしまう場合もあるので注意が必要です。


・出品者に値段の交渉が出来る(出品者)

出品者に値下げ交渉しやすいのがメルカリの特徴になります。

ヤフオクのように値段がどこまで伸びるのか分からない、というような事が無く、大体の値段が決まっているので値段の交渉がしやすくなります。

リサイクルショップで売却するメリット

・相場を把握しているプロが査定してくれる
私たちが値段の相場を知らなくても、その物の価値を把握しているプロが査定を行ってくれます。

その為価値が無いだろうな、と思っていた物にも値段が付く場合があります。


・出品の手間が省ける

不要になった物をメルカリやヤフオクでいざ出品!までは良いのですが、その後には出品したものを購入者へ送らなければいけません。

品物を送るためには梱包資材を購入して、梱包した後郵便局や宅急便に配達をお願いしなければなりません。

荷物によっては大きさや重さの制限もあるため、それらを下調べしてから持ち込むという一手間も出てきます。

リサイクルショップへ行けば、持ち込むという手間はありますが、その後の梱包と発送という手間は省けますね。


・その場でお金に換えられる

リサイクルショップへの持ち込みや出張買取の場合はすぐに現金化できるのでありがたいですね。

早急に現金が必要となった場合や、すぐに売りたいという方におすすめです。


・部屋がすぐに片付く

大量に処分したい物や引っ越しで急いでいる時にリサイクルショップを利用することで、早急にお部屋が片付けられます。

大量に荷物がある場合は出張買取サービスを行っている業者を選ぶようにしましょう。



こんなにメリットがあるけど、デメリットって何かあるの?という疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。

では早速デメリットも見ていきましょう。

それぞれで売却するデメリット

デメリット

ヤフオクで売却するデメリット

・終了するまで売れる値段が分からない

ヤフオクは、オークション形式でのやり取りが多いので、終了日時になるまで売れる値段が分からないのが痛いところです。

時期や相場の変動により"1円"で終わってしまうこともあり、リサイクルショップに売却しておけば良かったとの声も聞きます。


・価格変動が激しい

買い手によって値段が変化してしまうのがオークションの特徴です。

しかしオークションの特徴と言えど、物によっては万単位で金額が変化してしまう場合もあります。

同じ品物でも金額が定まっていないのがオークションならではの特徴になります。

・落札者とトラブルになることがある

細心の注意を払い出品をしていても、クレームなどのトラブルになることがあります。

メルカリで売却するデメリット

・売れた品物の10%が手数料として引かれる

ヤフオクの手数料でも紹介させて頂きましたが、メルカリの手数料は高いと思われる方もいらっしゃると思います。

実際にメルカリを利用している方も高いと思われている方が多いみたいですね。

ヤフオクが8.8%に対し、10%は確かに少し高く感じてしまいますね。

例えば1000の品物が売れたら100は販売手数料として引かれてしまいます。

その他、梱包材費や発送費(出品者負担や送料込みの場合)などを含めると半分以上が手元に残らない可能性が出てきてしまいます。

ヤフオク・メルカリに共通するデメリット

・掃除、出品、梱包が大変

ネット販売になるので、写真が大切になってきます。

いかに綺麗に写真を撮るかという工夫もしなければなりません。

また物は高く売れるのに、汚れが目立ったり、傷が多く付いていたりすると買い手は減ってしまいます。

その為掃除はしっかりとしなければなりません。

誰だって汚れているものよりは少しでも綺麗な物を買いたいですよね。

品物を発送するために梱包しなければなりません。

その為の品物を包む作業、いわゆる梱包作業を行わなければなりません。

配送中に品物が壊れたりしないように頑丈に包む必要が出てきます。


・場所を取る

メルカリやヤフオクはすぐに手放したい場合でも、売れるまで自宅で保管しておかなければならないので、置き場所の確保が必要になります。

リサイクルショップへ持ち込む場合や出張買取はすぐに手元から離れるので、置き場所を作る必要が無いのでスッキリしますね。


・即現金化できない

メルカリでは一例をあげると取引成立、入金確認、品物の送付、受取完了、までを行った4数日後に口座へ入金される、という場合があります。

ヤフオクの場合は平日の午後1時までに売上確定となった場合は翌営業日、平日午後1時以降に売上確定となった場合は翌々営業日に振り込まれ、休日に売上確定となった場合は翌々営業日に振り込まれるそうです。(引用:ヤフオク!かんたん決済ヘルプより)

インターネットだとやはりタイムロスが多く生じてしまいますね。


・出品者が送料を負担した方が売れる

メルカリは送料別の値段で提示するよりも、送料込みの値段を提示した方が買い手が増える傾向にあります。

ヤフオクも送料は着払いよりも元払いの方が買い手が多い傾向にあります。

その為せっかく高く売れても出品者の負担が増えてしまい結果あまり手元に現金は残らなかったといったケースがでてきますね。

リサイクルショップで売却するデメリットは?

・持ち込む手間がある

リサイクルショップは売れるか売れないか分からない状態で持ち込みをしなければなりません。

その際に対応が難しいと言われてしまった場合は持ち帰るハメになってしまいます。

そういった手間がかかってしまうのが、リサイクルショップのデメリットですね。

持ち込む手間を省きたい、という方には出張買取を行っている買取業者もあるのでおすすめです。

しかし出張買取は業者と日時を決めなければいけないので、自分の好きな時間に来て欲しいという融通がきかないのが少し不便なところですね。


・値段がつかない場合がある

リサイクルショップへの持ち込みや出張買取業者への依頼となると、査定のプロが行うので、細かいところまで見られてしまいます。

その為、まれに値段の付かない物が出てしまったりする場合があります。

その逆に値段が付かないと思っていた物が案外高額で買い取ってもらえる場合もあるので、買取業者へ依頼するのも良いですよね。

まとめ

メルカリ、ヤフオク、リサイクルショップの違いを見てきましたがいかがでしたでしょうか。

それぞれに様々な特徴があり、良い点も悪い点も見えてきたかと思います。

ここには書ききれていないメリットやデメリットがもしかしたらたくさんあるかもしれません。

実際に使ってみてどれが自分に合っているのかを見ていくのも一つの手でもあると思います。

少しでも参考になれば幸いです。

ご連絡はこちらから!

0120-123-538

電話受付は9:00~19:00