【防音室を売りたい人必見】買取相場や中古でも高く売れるメーカーについて解説

楽器の練習に専念したい方や、音楽・映画を大音量で楽しみたい方にとって防音室は必需品ともいえます。

しかし、生活スタイルの変化などによって防音室が不要になったとき、処分に困ってしまうのも事実です。

部屋のスペースをとる防音室を処分したい場合、どういった手段が有効なのでしょうか。

今回は防音室を処分したい方に向けて、買取相場や高価買取が期待できるメーカー、製品の種類などを解説するとともに、高価買取につながる可能性があるポイントも紹介します。

防音室のマガジン_1
目次

    中古の防音室はゴミ回収してもらえない

    部屋のなかに設置する独立タイプの防音室は、引っ越しや模様替えの際にユニットを移動するだけで対応できるため便利な製品です。

    しかし、使用しているうちに防音室の内部が汚れてきたり、防音性能が低下してきたりすることもあるでしょう。

    また、生活スタイルの変化によって防音室そのものが不要になったりすることも考えられます。

    そのような場合、防音室を処分することになりますが、一般的な家具などとは異なり特殊な形状で密閉性も高いため、自治体へゴミとして回収してもらうことはできません。

    処分困難品としてみなされることから、自治体ではなく購入元や専門の解体業者へ処分を依頼しなければならないのです。

    しかし、防音室の引き取りや解体にはコストがかかることから、ただで処分してもらうことは難しい場合が多いのです。

    そこで、不要になった中古の防音室は処分するのではなく、買取業者へ依頼し下取りをしてもらう方法がおすすめです。

    防音室を売るときは出張買取業者をすすめる理由

    一般的に中古品を高く買い取ってもらうためには、買取業者よりもネットオークションやフリマアプリを選択する方も少なくありません。

    しかし、防音室のように極端に大きなものを個人間で売買するとなると、自室で防音室を解体・搬出し、何らかの方法で購入者のもとへ届ける必要があります。

    また、防音室のなかにピアノを設置していた場合、ユーザー自身がピアノを防音室の外へ搬出するのは極めて難しいでしょう。

    出張買取業者へ依頼することにより、自分自身で防音室の解体や搬出をする手間が省けます。

    また、個人間取引にありがちなキズや汚れといったクレーム、トラブルを未然に防ぎ、スムーズな取引ができるのも大きなメリットといえるでしょう。

    さらに、防音室のなかに中古のピアノが設置されていた場合、ピアノの搬出作業や一緒の買い取りも依頼できます。

    中古の防音室の買取相場

    一口に防音室といってもサイズやメーカー、型番によっても買取相場はまちまちです。

    また、防音室そのものの状態の良し悪しによっても買取価格は大きく変わってくるでしょう。

    一般的な中古の防音室は、1万円から高いものになると数十万円の値がつくこともあります。

    特に国産一流メーカーのヤマハは高性能・高品質な防音室が多く、上位モデルになると最低でも5万円、高いものでは18万円程度の値がつく製品もあるようです。

    ただし、防音室の内側または外側で日常的に喫煙をしていたり、ペットを飼われていた場合などは臭いや汚れがつきやすく、上記の価格よりも査定が下がってしまう可能性もあります。

    中古の防音室が高く売れるかもしれないポイント

    中古の防音室は状態によってマイナス査定になる可能性がある一方で、プラス査定につながるポイントも存在します。

    特に高い買取値がつく可能性があるのは、以下のような場合です。

    ドアが閉まる

    防音室は少しの隙間が空いているだけでも音が漏れてしまい、性能が著しく低下します。古い防音室でもしっかりとドアが閉まるものは高値がつきやすい傾向にあります。

    破損していない

    独立型の防音室はスペースが限られているため、狭いなかで動いたり移動したりする際にキズがつきやすいです。

    しかし、内装・外装ともにきれいで目立った破損や汚れがない防音室の場合、多少古い製品でもプラス査定となることがあります。

    清掃してある

    防音室に限らず、中古品を買い取ってもらう際には、その製品がどのように扱われてきたのかを細部まで細かくチェックします。

    隅々まで清掃が行き届いてきれいな製品は、大切に扱われてきた印象が残るため、良い査定結果につながる可能性があるでしょう。

    エアコンがついている

    防音室は完全に密閉された空間であるため、熱がこもりやすい仕様となっています。

    特に夏場は室温が上がりやすく、長時間快適に過ごすことが難しいケースも。

    エアコンが完備されている防音室は後から施工するよりも手間がかからないため、プラス査定につながる場合もあるようです。

    吸音シートや遮音シートが貼ってある

    防音室の内部に吸音シートや遮音シートが貼ってあると、さらに防音性能が強化されます。

    エアコンと同様、購入後に整備することも可能ですが、吸音シートや遮音シートで強化された防音室はニーズも高いことから高値がつく可能性があります。

    高価買取が期待できるメーカーや種類は?

    自分自身が所有している防音室がどの程度の値がつくのか気になる方も多いのではないでしょうか。

    サイズやメーカー、型番によっても買取相場は異なると紹介しましたが、そのなかでも特に高価買取が期待できるメーカーと製品の種類を解説しましょう。

    だんぼっち(VIBE)

    VIBE社の「だんぼっち」は、ダンボール素材でできた防音室です。

    素材そのものが軽量で組み立てやすく、防音室をはじめて導入するユーザーに高い需要を誇ります。

    一方で、だんぼっちは簡易防音室という区分となるため、遮音シートや吸音シートでカスタマイズされた製品は高価買取に結びつきやすいです。

    アビテックス(ヤマハ)

    ヤマハのアビテックスシリーズは、防音室のなかでもトップクラスの遮音性能を誇る製品です。

    買取相場でも紹介しましたが、ヤマハの防音室は特に高価買取が期待でき、廉価モデルの「アビテックスミニ」でも数万円の値がつくこともあります。

    ライトルーム(infistDesign)

    infistDesign社のライトルームは、布張り素材でできた簡易型の防音室です。

    一見するとテントのような見た目で、組み立ても簡単なため防音室の導入が初めての方に高い需要があります。

    約1畳というコンパクトなサイズのため、楽器の演奏はもちろん映画や音楽を大音量で鑑賞したいユーザーからも人気の製品です。

    ナサール(カワイ)

    ナサールは、ピアノメーカーであるカワイ製の防音室です。

    ヤマハのアビテックスと並んで人気の製品で、高いものだと5万円以上の買取値がつく場合もあります。

    ピアノの練習を想定した防音室であるため、2畳から4.9畳まで8種類のラインアップが存在します。

    大掛かりな解体が必要となるため、買取前に見積もりのために訪問してもらうのが良いでしょう。

    ペット用防音室や防音シート、吸音材、防音ボード、防音パネルも売れるのか?

    防音室の多くは楽器の演奏や音楽鑑賞などを想定した製品ですが、なかにはペットルーム兼防音室として利用できるものも存在します。

    たとえば、カワイ製のペット用防音室「わんだぁルーム」は、状態が良いものだと2万円から3万円程度の買取値がつくこともあるようです。

    また、防音性能を強化するために防音シートや吸音材、防音ボード、防音パネルなどを併用する方も少なくありません。

    そのため、防音室以外にもこういった製品がある場合には、一緒に見積もりをとってもらうと良いでしょう。

    エクラタンテは出張費・査定費無料で高価買取を実現!

    防音室は製品そのもののサイズが大きく、搬出の際には解体も必要であることから、買取にあたっては専門知識のある業者へ依頼しなければなりません。

    なかには、防音室の買取実績がなく断られてしまうケースもあるでしょう。

    もし、他店で防音室の買取を断られてしまった場合には、一度エクラタンテへご相談ください。

    これまで「ライトルーム」や「だんぼっち」、「わんだぁルーム」などの買取実績があり、高価買取はもちろん解体から搬出までの作業もスピーディーに対応させていただきます。

    まとめ

    今回紹介してきたように、防音室は自治体にゴミとして処分を依頼することはできず、専門の業者へ処分料を支払って引き取ってもらう必要があります。

    長年使用してきた防音室のなかには、キズや汚れがついていたりするものも少なくありません。

    しかし、丁寧に清掃をしたり付属品やカスタム品を残しておいたりすることで、プラス査定につながる可能性もあるでしょう。

    防音室の買取に対応している業者は限られているため、もし近所に買取業者が見つけられない場合には、ぜひ一度エクラタンテへご相談ください。

    お電話でのお問い合わせは0120-123-538(年末年始を除く9:00〜20:00)

    Line査定Web査定は24時間受け付けております!

    その他買取にあたりご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

    キーワード検索

    最新の記事

    ハンマー・ストレングスの買取相場や特徴、高く売るためのポイントは?

    ハンマー・ストレングス(HAMMER STRENGTH)の特徴 ハンマー・ストレ…

    【防音室を売りたい人必見】買取相場や中古でも高く売れるメーカーについて解説

    中古の防音室はゴミ回収してもらえない 部屋のなかに設置する独立タイプの防音室は、…

    業務用トレーニングマシンや筋トレ器具を売りたい方必見!高価買取が期待できるメーカーや種類は?

    業務用やジム用でもトレーニングマシン・筋トレ器具は買取してもらえる? スポーツ施…

    トラブルに合わないために|出張買取で気を付けること

    出張買取は、自宅に買取業者が来てくれてその場で売りたい品物を査定し、買い取るだけ…

    物置の撤去・処分にかかる費用はいくら?解体方法は自力or業者?

    放置している物置を撤去したほうがいい理由 物置は住宅に比べて小さいとはいえ、撤去…

    タグ一覧